やばみちゃんのやばみ

決して腐りませんよ

疲れています

わたしは疲れた

なんでこんなものばかり見せられないといけないのかわからない

大人の人達は、大人を演る責任を放棄して若い人間や弱い人間を消費して貪り食うことしか考えてないんだな、と思うようなことばかり

別に大人がいるなんて思ってないよ

演れって言ってるだけなのに、この有様

私は、その分を肩代わりして、過剰に大人を演らされている、演らされてきた

こんな状況で死ぬなとだけ言われても、あなたは生き延びる方策をわたしに与えられないでしょ、と呪ってやりたくなる

死ぬな、とか、生きろ、を希死念慮強い人に言ってはいけないそうだ、状況が酷いことと死を結びつける思考をその人に内面化させるから

でもね、わたしに死ぬなと言っているわけじゃないだろうけど、行動や言葉で、死ぬなと言わずに死ぬな死ぬなと言っている人のことは信用する

わたしにも言ってるし、無数のわたしに似た人にも言ってるし安倍晋三にも天皇にも殺された人にも言ってるんだろう

ほとんど祈りみたいだ

多くの人にとって人を損なうのは娯楽でしかないんだろう、多くの人に入ってないと確信が全く持てない、というか、入っている

抜け出たいと思い続けてる間だけ戦える

全く抜け出してしまったら、わからなくなるんじゃないだろうか、敵のことが