やばみちゃんのやばみ

決して腐りませんよ

ハルカトミユキは良い音楽をずっと作っていてすごい

‪ハルカトミユキの初期は、死者が歌ってるみたいで、でもよく見るとまだ生きてて‬

‪すごく恐ろしくて、すごく優しいし弱いそして‬すごく優しい、と聴いててあらためて感じた

この人は本当に何も信じてないように見える、どれだけ、虚勢を張っていてもすごく細い細い希望の糸が切れてしまったらすぐこの世からこぼれ落ちて死んでしまう人だ、

ハルカしかしらない、福島遥さんの意図はわたしにはわからないしかしハルカの中に死にそうになりながら入っているに違いない?

福島さんのたましいにさわった、のではないか。わからないけど、と思って聴いていた、

わたしはあなたの短歌も大好きです

灰色にはみ出しているから

そんな気持ちで、糸のもう片方の先に体重を預けながら、私達のいつ切れるのかな、と思って、結局全体重をかけてすがらせてもらっていた、守ってあげる、と歌ってくれているひとをいつか殺してしまう、と思っていた

ハルカが肯定的なことを歌うようになってから暫くして、実家の人を殴ったり叫んだりものを破壊したりしなくても、生きていけるようになった

何かに操られてるとしか思えない

音楽の肯定的な意思に行動を操られてるとしか

生きててよかった

これは、やばみちゃんという虚無的なコリラックマの中の人のインナーボイスだ、これしか言えない、ねえ信じてみてよハルカトミユキ

リプライ魔やばみちゃん、引っ越したいけど金がないから夏、初夏?の引きこもり、(リラックマコリラックマ50体連れ)

ライブにはやつれた系の友達誘ってみんなで行きます

CDもいっぱい買います

ペリドッツコラボとか夢でもみてんのかと思った、この世思ってたよりちょろいなー

ご安全に、無理しすぎないでね、痛いファンより