読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やばみちゃんのやばみ

腐って崩れ落ちそうな日々

オカルト大好き、サバトがやりたい

ラララ科学の子、わたしは未熟児だから産まれた瞬間帝王切開だし保育器だしシュジュツされて生死をさまよって産まれたのですけど、科学は嫌いでオカルト大好きな魔力人間に育ってしまいました、平沢進もフェミ的にはエヌジーですがオカルト好きとしてかなり長く愛好しています。

『科学はいい線まで行った、愛と迷信をスポンサーにして、ルール履き違えたまま、あの太陽が偽物だって、どうして誰も気づかないんだろう

あの太陽が偽物だってどうして誰も気づかないんだろう』

ピープルインザボックス、ファミリーレコード、ニムロッドより引用

波多野、はたはた、はためく、波、多い、野

バンド名もアートワークも曲も詩もわたしのためにあるのかというくらい好きなのだが

波多野氏の名字がたたずまいともマッチしていてとても良い、はたのひろふみ、かひろふみ、か忘れるというポカをよくやる、あのこはひろふみです

わたしは、名字に川が入っている人たちと小学一年生の時につるんでいて、川がないね、と言われて、川がほしい、と泣いたことがある、

あとで、なんかすごい穏やかで優しい感じの男の子が近寄ってきて、名字に氵があるし、ワタリは水も空も渡れる、と慰められたなー、わたしは水に縁があるんだにょろよ、男の子集団からパージされてる男子からはもてるにょろよ。マホ、は真っ直ぐ進め、帆船、でマホなんすよ、すべての善きものは迂回して一点に集まるってニーチェとかフラナリーオコナーとかシモーヌヴェイユとか、宗教哲学やってる人はよく言うよなー、それなら良いけど沈没して真っ二つみたいな末路辿ってるよ、それ言ったえらい人はみんな精神疾患か骨が溶ける病気か貧困と疲労で40くらいで死んでる〜〜わたしも早死にするのかなー

みんないろんなこと考えるなぁ

ピープルインザボックスのはたのは平沢進とピーモデルのファン、それも良い話だのう