やばみちゃんのやばみ

決して腐りませんよ

実家にいたらどんどん体が壊れてきた

殴られているときよりもきついのは親が親をやらないといけないと此の期に及んでまだ考えていると知ってしまったとき。

風俗の仕事とわたしのセクシュアリティについて言われた母親が、わたしを散々に罵倒し差別発言テンプレのオンパレードで私を損ない焼き尽くし、そのあとに、私が処方されている精神薬を持ってきて、飲みなさい、お母さんの言うことはちゃんと聞くのよ、と言ってきた。

愛情を加害というやり方でぶつけられているときに、一番死んでしまいたくなる。こんなものまで見ないといけないなら早くに死ねばよかったと言いたくなった。

愛されてよかったことなんてない。

傷つけることと愛することは同じではないんですが、昨日も2人から告白されて、どちらもふりましたよ。悪者扱いされた。

その話を人にしたら、自慢とか、羨ましいとか、ストーカーからでも愛されてみたいと言われた、ほんとに人と関係することの負の面が見えないで寂しい寂しいとだけ言っていれば誰か憐れんでくれると思うような奴は悪夢というか悪魔。