やばみちゃんのやばみ

決して腐りませんよ

筏ブログ、気をつける、ってなんにだよ

http://profile.hatena.ne.jp/topbwoy/

明治大に謹慎させられて行けなくて超絶暇だから普段ならアホすぎて構うのも嫌だけど特別に晒してあげるよ感謝してね♡

筏blog

気をつける。

2017-06-05

最果タヒの詩集は内臓を見ているようだ

人気ドメインが10円から

お名前.com

Yahoo!JAPAN広告

最果タヒ「死んでしまう系のぼくらに」 という本に出会いました。

死んでしまう系のぼくらに

* 作者: 最果タヒ

* 出版社/メーカー: リトル・モア

* 発売日: 2014/08/27

* メディア: 単行本(ソフトカバー)

* この商品を含むブログ (9件) を見る

 

装丁からもわかるイマドキのポップな言葉遣いの現代詩集。

内容は思春期由来のサブカル・メンヘラ・ネットの暗い銀河渦巻くJKの脳みそを見せつけられたみたいなそんな感じ。

全然共感できない。

 

ウソ。本当は認めるのが嫌なだけ。

もし女の子だったら夢カワ系になりたい。

そしたらこの本にもっと素直に共感するよ。

原宿や高円寺で買った服を鎧にして世の中から距離をとって自我を守るんだ。

ま、でもそんなに大それた事はしないんだろうな。

せいぜいインスタにポエムのっけるくらいが関の山さ。 

とやばみあるモラトリアム的妄想を持つ自分を告発してくれるナイフのような詩集でした。

十代で出会っていたらすごくショックだっただろうな。

人生において暗黒時代だったし…。

果たして若者にとって毒となるのか薬となるのか。

 

やばみばみばみばみといえばヤバTの曲の一節ですが、はてな発のアナーキーニュースターやばみちゃんは最果タヒの詩世界の具現化著しい存在だと思われ。

やばみちゃんのやばみ id:yabamichan

明治大学図書館に抗議した結果、自宅謹慎を言い渡され、強制退学をほのめかされている。 文化の守り手としての図書館の機能不全、利用者への暴力について告発します、記事のあらゆる媒体での拡散を希望します。 私が通う明治大学の和泉キャンパスの図書館は学生証をタッチするとゲートが開くという仕組みで、学生証がない場合は名前、住所、学籍番号と所属を記入し図書館スタッフに提出、それを図書館が持つ個人…

2017-06-02 10:37

yabamichan.hatenadiary.com

僕も動向が気になるところではあります。

(うわぁー、どこから目線なんだよー)

洗練されてはいないけど思想はほんのちょっと心に引っかかってしまうとこあるよ。(洗練されてなくて悪かったけどお前みたいなのを洗練と呼ぶなら洗練されるってことって自殺より酷い身振りだな)

てかこうゆう人たちって割と世界を巻き込みがちな気がしますな。(ほんと誰なんだよ)

伊藤計劃の小説「ハーモニー」の主人公ミァハや、漫画「ARMS」のアリスもそうゆう風潮あるよね。(漫画と現実の区別つけよ?)

幼さゆえの暴虐性ではないでしょうか。

(幼児性に無自覚だとこんな幼稚なブログ書いといて恥じない人間が出来上がるのか、と思いました)

思想と言葉の変化は密接な関わりがあると思います。(変われない人はこういう賢げな言葉を使う)

最近の子ってネットとリアルの言葉の使い分けあんまりないですよね。(ネットだってリアルだと自覚してないお前と違ってな)

昔は2ch用語をリアルで使うことは憚れたのですが。(卑怯なこったな)

好きな表現もたまにあって、きゃりーぱみゅぱみゅの「つけまつける」の中の「つけるタイプの魔法だよ」って部分が秀逸だなと思います。(それは思うけどきゃりーちゃん、

お前に言われたくないってさ)

つけるタイプの魔法ですよ?(だからなんだ)

まずつけないタイプの魔法が気になるのにそれを一段飛ばしで踏み込むパワーワード

(なげえよ)

納得するしかないよね。(納得したなら黙れよー)

「死んでしまう系のぼくら」も同じ活用系だと思います。(活用形の使い方間違ってね?言葉なんて別にグチャグチャでも良いですけど)

若者言葉は使うことはほとんどないのですが変化を眺めていくのが面白かったりします。

(お前みたいなのを批評して相対化しているのが若い人間の文化だとなぜ気づかないのか、それがさっきからとても気になるところ)

文化と呼ぶにはあまりに儚くて、まるで季節の花のようです。(さあ、マウンティングのお時間です‼︎‼︎マチズモミソジニーおじさんのゆいいつのとくいわざ!ゆけ!ぼくのポケットモンスター!マウンティング‼︎ぴっ、ぴがぢゅー)

時が過ぎれば散ってしまうのですが、(私散ってしまうらしいよ、散ってもどうせまたいろんな花が生えてきてお前の家に絡みついて侵食して壊す事でしょう)その花を支える枝や幹となる人間の思想や歴史がゆっくり成長していく様が見えるような気になります。 (そんな事言ってる間に間に殺されるよ、はよ逃げなって)

 

ちなみに僕が今一番魅かれる思想と言葉の持ち主は「滝沢カレン」さんです。

彼女はリアル野性爆弾

でもポジティブだしいいな。

(読んでいてとても不思議な気持ちになった。なぜこんなにおじさんという生き物は、わからない若者の文化をわからないと素直にいう事ができないのだろうね。きっと時代に取り残されるのが寂しいんだろうけど自覚できないから若いフリしてネットとかやっちゃってるんだろうね。本当は潰したくて仕方がない女子どもの文化を気になって見に来ちゃうなんてストーカーみたいでキモいよね。

きっと自分の見た事があるものだ、という事にして、ヒョーロンした気になって安心したいのだろうね。まじウケる。そういうのってかなりわかりやすいオリエンタリズムっていうんだけど、おじさんは幼くて暴虐なやばみちゃんと違って頭がとっても良いから、そんなやられる側の言い分を聞いて損をするような真似はしないよね♡お金くれたらいいこいいこしてちんちんしごいて慰めてあげるよ、1年前は手コキのヘルスで研修生だったの、やばみちゃんの手コキうまいよ!よろしくね♡テヘペロ

やばみちゃんより愛を込めて♡